剪定作業を依頼してスッキリお庭づくり~ガーデンプランナー~

園芸

価格を把握する

ガーデニング

伐採で発生するコストのこと

木の伐採を業者に委託するには、どの程度の費用が掛かるのかというと、その費用は「木の太さあるいは高さに工賃と危険度合をかける」というのが一般的な計算方法です。木の太さや高さはケースバイケースですが、工賃はおよそ3000円から5000円程度が相場です。危険度合というのは斜面であったり近くに電線があるなど、作業がどれだけ困難かで決定します。作業の難易度が高ければ、それだけ危険度合が高く設定されます。さらに作業で発生した枝や葉などのごみを処理してもらう場合には、廃棄費用がかかります。この費用は意外と高く、大きな木であれば数十万円にもなるのです。

木の伐採とはどのようなことか

樹木は放っておけば、どんどんと成長していきます。そこで行われるのが木の伐採です。しかし、一本だけの庭木でも、木の伐採となると町の植木屋では断られることもあります。これは危険な作業で下手をすれば事故になるかもしれないからです。ですから、様々な状況に対応できる伐採専門の業者を頼むことが必要です。もしも、山林の木の伐採をするのであれば、木のあった場所が悪というだけでなく、大きな効果が期待できます。木が密集していたとして、適度に木の伐採をしてやると、残った木は土の栄養や陽の光を以前より多く取り込めるようになるからです。これを間伐と呼びます。間伐をすると木は太くなり、資源としての価値も高まるのです。木の伐採をした後は、基本的には産業廃棄物として焼却処分することになります。ですが、資源を有効利用をするために、発電や暖房などに使うチップとして加工することもあります。